1. HOME
  2. お知らせ
  3. ニュース

お知らせお知らせ

日経新聞記事掲載について

2018.09.25  【ニュース

当社初の自社製品として発表した「シンシナティー」の記事が9月24日付日経新聞朝刊の全国誌面にて掲載されたことをご報告致します。(※クリックすると大きな画像が見られます)

記事にあります通り、近隣ゴルフ場ショップの他、シンシナティー直販サイト(大口購買向け)、個人向けにアマゾンドットコムでも販売を開始致しました。 グリーンフォークとゴルフティーが一体となった使いやすさと合わせ、企業様などのロゴを印刷することでノベルティーグッズとしてもご好評いただいております。 10月以降は現7色からレッド、パープル、ブラックが追加され、カラーバリエーションは10色となります。

益々ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

オンラインショップ
直販サイト:https://sincere-tee.stores.jp/
アマゾン:https://www.amazon.co.jp/dp/B07H4KJT37 または“シンシナティー ゴルフ” で検索

塩尻市振興公社補助金活用事例 メディア記事掲載について

2018.08.28  【ニュース

弊社で自社開発しました「シンシナティー」について8月28日付各紙朝刊に記事が掲載されました。(※クリックすると大きな画像が見られます)

本製品は塩尻市振興公社の「創造的技術開発事業補助金」を昨年活用し、試作開発費を充当させて頂いております。

改めてご指導いただいた皆様へ御礼申し上げます。

本年も9月14日まで同補助金の2次募集を受付中とのことです。

塩尻市HPより

シンシナティー販売店追加のおしらせ

2018.07.18  【ニュース

弊社ゴルフグッズ「シンシナティー/SINCERE TEE」の販売店に、以下のゴルフ場が追加されました。どうぞよろしくお願いいたします!

シンシナティー ゴルフ規則適合 について

2018.07.17  【ニュース

弊社ゴルフグッズ 「シンシナティー/SINCERE TEE」 が、R&Aよりゴルフ規則に適合する事を裁定されました。

R&A DECISION REFERENCE NUMBER:ES2018-0342

本製品はゴルフ規則適合品として公式競技でもご使用頂けますことをご報告致します。
~ゴルフに真摯な紳士淑女へ シンシナティー~

注:
R&Aとは、Royal and Ancient Golf Club of St. Andrewsのことで、英国ゴルフ協会のことを指します。 ゴルフ発祥の地セントアンドリュースにある競技団体ということで、名実ともにゴルフ界を牽引するリーダー的存在であり、現在採用されているゴルフの統一ルールを生み出したのも同団体です。

シンシナティー販売店追加のおしらせ

2018.07.04  【ニュース

グリーンフォークとティーが1本になったゴルフ用品、シンシナティーの販売店に、以下のゴルフ場が追加されました。どうぞよろしくお願いいたします!

シンシナティー販売店のおしらせ

2018.06.19  【ニュース

グリーンフォークとティーが1本になったゴルフ用品、シンシナティーの販売が開始しました。以下のゴルフ場のグッズ売り場にてお買い求めいただけます。

【新規事業】ゴルフ用品「シンシナティー」

2018.04.03  【ニュース

このたび、グリーンフォークとティーが1本になったゴルフ用品を受注/販売することとなりました。

製品の詳しい紹介は、こちらの専用サイトからご覧ください。

http://www.syd-tech.jp/sincere-tee/

スマートフォン/タブレットからもご覧いただけます。

2017年度前期 技能検定結果のご報告

2017.11.20  【ニュース

表記の技能士検定試験の合格者数を報告致します。

  • ・ 成形技能士2級・・2名

数多くのご教授、ご支援、ご協力に、厚く御礼申し上げます。

引き続き、当社は全社を挙げて技能研鑽に取り組んで参ります。

2016年度後期 技能検定結果のご報告

2017.05.19  【ニュース

表記の技能士検定試験の合格者数を報告致します。

  • ・ 機械保全技能士1級・・1名
  • ・ 機械検査技能士2級・・1名

数多くのご教授、ご支援、ご協力に、厚く御礼申し上げます。

引き続き、当社は全社を挙げて技能研鑽に取り組んで参ります。

2016年度前期 技能検定結果のご報告

2016.09.30  【ニュース

表記の技能士検定試験の合格者数を報告致します。

  • ・ ワイヤ放電加工1級・・1名
  • ・ 普通旋盤2級・・1名
  • ・ 数値制御フライス盤2級・・1名

数多くのご教授、ご支援、ご協力に、厚く御礼申し上げます。

引き続き、当社は全社を挙げて技能研鑽に取り組んで参ります。